★名古屋のホテル・旅館宿泊情報★

源頼朝が名古屋出身?

源 頼朝(みなもとの よりとも、久安3年4月8日(1147年5月9日)
- 正治元年1月13日(1199年2月9日)は、鎌倉幕府の初代将軍である。

平安時代末期に河内源氏嫡流の源義朝の三男として生まれる。

平治の乱で父の義朝が平清盛に敗れ、伊豆国に流されるが、
成人後に平家打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠とし関東を平定する。

そして平家を京から追った源義仲との戦いに勝利し、平家追討に
活躍した源義経を追放し、諸国に守護と地頭を配し、奥州合戦を経て
奥州藤原氏を滅ぼし、征夷大将軍に任じられた。

官位は征夷大将軍正二位行権大納言兼右近衛大将。


出生記録として残っている内容は…

久安3年4月8日(1147年)に源義朝の三男として生まれる。
幼名は鬼武者。

母は熱田神宮大宮司藤原季範の三女の由良御前であり、
そのため出生地は京もしくは尾張と考えられている。

父の義朝は清和天皇を祖とし、河内国を本拠地とした源頼信、
源頼義、源義家らが東国に勢力を築いた河内源氏の棟梁である。

義朝は保元元年(1156年)の保元の乱で、平清盛と共に後白河天皇に
従って勝利しており、頼朝はその御曹司として官職を歴任し、平治元年(1159年)には上西門院蔵人に補された。

「出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)」


とあるように、熱田神宮といえば名古屋だがね!


これは本当に驚いてまったがや〜♪(笑)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。