★名古屋のホテル・旅館宿泊情報★

源義経も名古屋なのかな?

以前、NHKの大河ドラマでタレントの滝沢君こと
タッキーが、義経役を演じていましたね。

で、調べてみましたら…


源 義経(みなもとの よしつね、源 義經、
平治元年(1159年)- 文治5年閏4月30日(1189年6月15日)は、
平安時代末期の河内源氏の武将。

氏は源、仮名(けみょう)が九郎、
実名(じつみょう)が義經(義経)である。

河内源氏の棟梁である源義朝の九男として生まれ、
幼名牛若丸(うしわかまる)と呼ばれた。

平治の乱で平清盛と戦った父の敗北により鞍馬寺へと
預けられるが、後に奥州平泉へと下り奥州藤原氏の
当主藤原秀衡の庇護を受ける。

兄頼朝が平家打倒の兵を挙げる(治承寿永の乱)と
それに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を経て
平家を滅ぼし、その最大の功労者となった。

戦後の論功行賞で十分な褒美を得られないどころか、
一部所領を没収されたのを恨み、自立の動きを見せた為、
頼朝と対立し朝敵とされた。

全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び奥州藤原氏を頼ったが、
頼朝の追及を受けた当主藤原泰衡に攻められ衣川館
(現・岩手県奥州市)で自刃し果てた。

その最期は世上多くの人の同情を引き、判官贔屓(ほうがんびいき)
という言葉、多くの伝説、物語を産んだ。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)


まあ、NHKの大河ドラマで見たようにいろんな事件があった訳で
結局のところよくわかりませんでした。(爆)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

源平合戦に勝利した【源義経】【八艘飛びの鎧】【国宝鎧の写し鎧】源義経鎧写し
Excerpt: 源平合戦に勝利した【源義経】が、その勝利を祝い現在、 日本の国宝/重文鎧の多くが奉納されている、 愛媛県 大山祇神社に奉納させたと伝わる、【国宝鎧の写し鎧】で、 義経が合戦時、この鎧を身につけ..
Weblog: GANGU−玩具
Tracked: 2007-02-10 01:41

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。