★名古屋のホテル・旅館宿泊情報★

味噌煮込みより美味なきしめん?

名古屋でうどんといえば、味噌煮込みを連想する人がほとんどで
多いと思いますが…

じつは「きしめん」も、うどん以上に好きなので紹介します。


「きしめん」の名前の由来は何処からきていると思いますか?

きじ肉を入れた煮込みうどんの「きじめん」が起こりであるとか
名古屋で紀州出身者が作った「紀州めん」がなまったものだとか
呼び名の由来には、じつにさまざまな説があります。


いつごろから平打ちうどんのことを「きしめん」と呼ぶように
なったのかは明らかではありませんが、江戸初期の『東海道名所記』
には三河の芋川のひらうどんのことが記されています。

芋川というのは、現在の刈谷市あたりらしいのですが…


嬉遊笑覧では芋川のうどんを取り上げて、江戸の「紐革うどん」は
芋川うどんのなまったものであろうと述べられています。

明治にはすでに青菜と油揚げを入れたきしめんがあったのですから、
江戸末期の天保、嘉永のころには現在の姿のきしめんが生まれていた
ことが考えられます。


現在では「きしめん」といえば薄く平べったい麺ですが、もともとは
碁石型だったようです。

室町時代の『庭訓往来』のなかに「碁子麺」の文字が出てきます。


「碁子麺」の記述では小麦粉を水で練って薄くのばし、細い竹筒の
先で碁石の形に押し切り、煮てきな粉をつけて食べたとあります。

これが徐々に平うどんのようになって現在の形になったと思われます。


この平べったい、「きしめん」がおいしい店があるんだわなも!
ヒントは機械打ちの麺じゃなくて、手打ちで伸ばしているお店です。

そして名古屋には、手打ち研究会なる頼もしい組織がありまして
この加盟店なら安心して食べられると思います。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/31033579

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。