★名古屋のホテル・旅館宿泊情報★

東国原英夫宮崎県知事の元妻で女優のかとうかずこ

そのまんま東(東国原英夫宮崎県知事)さんの離婚した元妻
かとうかずこ(本名加藤和子)は、愛知県名古屋市の出身で
女優である。


愛知県立長久手高等学校卒業後、愛知淑徳大学を中退。
身長168cm、劇団青年座に所属していた。

1979年のデビュー以来「かとうかずこ」の芸名で活動していた。
しかし、2006年に「かとうかず子」と改名している。


1990年、そのまんま東(東国原英夫宮崎県知事)と結婚して
1男1女をもうけている。

1998年、そのまんま東はスキャンダルによって芸能活動を自粛!
ほとんど無収入になったということであるが、謹慎中に早稲田
大学に入学、かとうはその間の一家の生活を支え続けた。


しかし、2006年2月3日、そのまんま東と離婚している。

政治に興味を持ち始め、故郷の宮崎で政治活動の開始を志した
夫に、かとうがついていけなくなったという見方が主流である。

子供が都内の有名私大附属小学校に在学中であったことも理由
のひとつと考えられている。


元夫である東国原英夫氏は離婚から1年弱の2007年1月に宮崎県
知事に就任している。

東国原知事は直後マスコミを通じて「復縁に協力してください」
と述べたが、かとうはテレビ番組に出演、復縁を否定している。


しかし最近の東国原宮崎県知事は、そのまんま東宮崎県知事
言う方が何となくピッタリするほどテレビなどマスコミ関係で
注目されている。

忙しすぎて再婚を考える余裕なんてないのではないかと思えて
本当に「ご苦労様」と言いたくなるような感がある。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。