★名古屋のホテル・旅館宿泊情報★

NHK大河ドラマ功名ヶ辻最終回

名古屋出身の歴史上の人物シリーズ第三弾…かな?

平成18年のNHK大河ドラマ、司馬遼太郎の「功名ヶ辻」
毎年恒例の総集編も放送されて終了しました。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、後に土佐藩の
藩主として高知城を築城した「山内一豊」と、内助の功で
有名な妻「千代」の物語りです。

主役の上川隆也演じる山之内一豊は名古屋出身?
正確には尾張の国で、現在の木曽川町あたりらしい。


山内一豊
天文14年(1545年)、尾張国守護代・織田伊勢守家の家老、
山内盛豊の三男として黒田城(愛知県木曽川町)あるいは
岩倉城(愛知県岩倉市)に生まれたといわれている。

NHKの「功名ヶ辻」公式ホームページから引用しました。

山内一豊役の上川隆也は東京都出身、千代役の仲間由起恵
は沖縄県の生まれなので、名古屋とはあまり関連はない。

晩年は四国の高知城の城主になるのであるが、その辺りの
情報はこちらに詳しく紹介されているので、興味があれば
ご覧下さい。

「土佐の国と大河ドラマ・功名ヶ辻」


もっとも、織田信長や豊臣秀吉の方が名古屋ゆかりの
戦国武将なので、優先順位からいけば織田信長でしょうね。


那古野城(なごやじょう)は、戦国時代に尾張国愛知郡那古野
(現愛知県名古屋市中区)にあった城で、織田信長生誕の城と
して有名である。

16世紀前半に30年ほど存続した後に廃城となるが、旧城地は
廃城から半世紀ほど後に再び城に取り立てられ、名古屋城に
なったという経緯があります。


豊臣秀吉はあまりに有名で…またいつか…
とりあえずドライブコースで早足でどうぞ!
「秀吉」出世街道ドライブコース

源義経も名古屋なのかな?

以前、NHKの大河ドラマでタレントの滝沢君こと
タッキーが、義経役を演じていましたね。

で、調べてみましたら…


源 義経(みなもとの よしつね、源 義經、
平治元年(1159年)- 文治5年閏4月30日(1189年6月15日)は、
平安時代末期の河内源氏の武将。

氏は源、仮名(けみょう)が九郎、
実名(じつみょう)が義經(義経)である。

河内源氏の棟梁である源義朝の九男として生まれ、
幼名牛若丸(うしわかまる)と呼ばれた。

平治の乱で平清盛と戦った父の敗北により鞍馬寺へと
預けられるが、後に奥州平泉へと下り奥州藤原氏の
当主藤原秀衡の庇護を受ける。

兄頼朝が平家打倒の兵を挙げる(治承寿永の乱)と
それに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を経て
平家を滅ぼし、その最大の功労者となった。

戦後の論功行賞で十分な褒美を得られないどころか、
一部所領を没収されたのを恨み、自立の動きを見せた為、
頼朝と対立し朝敵とされた。

全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び奥州藤原氏を頼ったが、
頼朝の追及を受けた当主藤原泰衡に攻められ衣川館
(現・岩手県奥州市)で自刃し果てた。

その最期は世上多くの人の同情を引き、判官贔屓(ほうがんびいき)
という言葉、多くの伝説、物語を産んだ。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)


まあ、NHKの大河ドラマで見たようにいろんな事件があった訳で
結局のところよくわかりませんでした。(爆)

源頼朝が名古屋出身?

源 頼朝(みなもとの よりとも、久安3年4月8日(1147年5月9日)
- 正治元年1月13日(1199年2月9日)は、鎌倉幕府の初代将軍である。

平安時代末期に河内源氏嫡流の源義朝の三男として生まれる。

平治の乱で父の義朝が平清盛に敗れ、伊豆国に流されるが、
成人後に平家打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠とし関東を平定する。

そして平家を京から追った源義仲との戦いに勝利し、平家追討に
活躍した源義経を追放し、諸国に守護と地頭を配し、奥州合戦を経て
奥州藤原氏を滅ぼし、征夷大将軍に任じられた。

官位は征夷大将軍正二位行権大納言兼右近衛大将。


出生記録として残っている内容は…

久安3年4月8日(1147年)に源義朝の三男として生まれる。
幼名は鬼武者。

母は熱田神宮大宮司藤原季範の三女の由良御前であり、
そのため出生地は京もしくは尾張と考えられている。

父の義朝は清和天皇を祖とし、河内国を本拠地とした源頼信、
源頼義、源義家らが東国に勢力を築いた河内源氏の棟梁である。

義朝は保元元年(1156年)の保元の乱で、平清盛と共に後白河天皇に
従って勝利しており、頼朝はその御曹司として官職を歴任し、平治元年(1159年)には上西門院蔵人に補された。

「出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)」


とあるように、熱田神宮といえば名古屋だがね!


これは本当に驚いてまったがや〜♪(笑)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。