★名古屋のホテル・旅館宿泊情報★

名古屋国際女子マラソン観戦記

名古屋国際女子マラソン2008が、3月9日の日曜日に名古屋市
瑞穂陸上競技場を発着点にして行われた。

名古屋のゴールの先に北京オリンピックへの道が見えるといわれた
2008名古屋国際女子マラソンだったが、大方の予想に反して
マラソン初挑戦の中村友梨香が初優勝!


2位はメナード化粧品の尾崎好美選手が入り3位は加納由理選手と
ベテラン勢を尻目に若手が上位を占めていた。

やはり世代交代ということなのかも知れませんね。


北京五輪の切符はあと1枚ということで、熾烈な競争ではあったが
レースを観戦する立場としては興味津々で面白いレース展開となり
わくわくドキドキと面白く見ていました。


名古屋高速道路の吹上料金所近くで先頭集団が走って来るところを
沿道に並んで見ていたのですが、レース序盤で高橋尚子選手はもう
すでに遅れ始めていましたから…ちょっと無理かな?という感じで
見送っていましたけど少し寂しかったかな?


シドニー五輪の金メダリスト、高橋尚子はマラソンの競技人生の
集大成として8年ぶりに名古屋で走り、資生堂の引山晴美選手は
初の五輪出場を目指していたのであるが、盛大な応援にも関わらず
残念な結果に終わってしまいました。


またアテネ五輪で7位の坂本直子は故障に苦しんだ4年間の思いと
共に走り、京セラの原裕美子、トヨタ車体の大南敬美選手も大いに
期待されて声援を受けながら走っていました。


名古屋国際女子マラソンのコースは、瑞穂区の陸上競技場を基点に
名古屋市内を南北に長く構成されていて、マラソン競技の開催中は
主要な幹線道路は交通規制で、通行不可能になるところも多くあり
ますが却って道路の広さは実感しますね。


中日新聞のボランティアスタッフが観客の整理に当たりながら
応援のための小旗をさかんに配っていたので貰って見ていました。


若宮大通で並んで観ていたのだが、レース序盤でトップグループの
選手の中でも誰が1位で完走するのか?なかなか予想は難しかった。


それほど先頭集団が団子状態で走り抜けていったのですが、新人で
優勝した中村友梨香は、果たして味噌カツを食べたのだろうか?
ちょっと聞いてみたい気もしているのだが…


★名古屋いい店うみゃ〜店 ★

名古屋国際女子マラソン2008

名古屋グルメの味噌カツを食べて優勝したのは…

名古屋国際女子マラソンに出場する有力選手が8日の土曜日に
名古屋市内で記者会見をした様子が放送されていました。


高橋尚子ら、健闘誓う―名古屋女子マラソン


シドニー五輪で金メダルをとった高橋尚子選手は「臨機応変に
対応できる柔軟な心で最後まで力を出せるレースをしたい」と
Qちゃんらしい笑顔で話していましたね。


北京五輪の代表選手になれば陸上最年長記録となる39歳の弘山晴美
選手は「陸上をやってきたすべてを出したい」と抱負を語っていました。


女子マラソンの有力選手が集まった名古屋の最終選考会は混戦模様と
みられ予想するのは難しいようだ。

アテネ五輪後、故障に苦しんできた坂本選手は「勝ちたいというより
レースを走れることがうれしい」と言っていたし…


体調不良で1月の大阪国際からスライドしてきた原裕美子選手も
気持ちだけは負けないよう最後まで粘って走りたいと決意を込めた。


北京五輪の代表選手の座を懸けて、事実上残り1枠を争う熾烈な競争
になる名古屋国際女子マラソンが、いよいよ9日の日曜日に行われる
のだが…はたして誰が優勝するのだろうか?


実は自宅近くの道路が名古屋国際女子マラソンのコースになっている
ので毎年のように沿線に並んで観戦しています♪


で、まあ〜名古屋がらみで観戦報告をしたいと思いますが…
果たして誰が北京五輪の切符を手に入れるのでしょうか???

名古屋国際女子マラソン観戦記

2007年名古屋国際女子マラソンがありましたが、私は
トヨタ車体の大南敬美選手に期待して見ておりました。

というか、名古屋高速道路の吹上料金所の横で中日新聞の
小旗を手に持って応援するために沿道に並んでいました。


先頭グループが見えたと思ったら、あれーーっと言う間に
選手達が通り過ぎて行きました。

招待選手の外国人グループとともに弘山晴美選手も一団に
なって、取材の車やパトカー、白バイに先導されて冷たい
強風の中を頑張って走って行きました。


毎年の恒例行事なので、道路規制で東西南北の幹線道路が
通行止めになって車が右往左往していましたね。

瑞穂陸上競技場を12時15分にスタートして若宮大通の
中間にある、イオン千種ショッピングセンターの正面付近
を先頭グループが通過したのが12時50分頃でした。

道路巾が広いのでデジカメで撮影しても小さく写っている
だけで表情まではよくわかりませんでしたが、雰囲気は
伝わってきました。


レース中盤から後半になっても先頭グループが一団となり
トップ争いを繰り広げていましたね。

最終トップ争いは橋本康子選手と弘山晴美選手の競技場で
トラック勝負となり手に汗を握るようなレース展開でした。


結局優勝したのは橋本選手でしたが最後のダッシュで弘山
選手を引き離したままゴールイン!

2時間28分49秒と記録としては今一かもしれませんが
この冷たい強風の吹く中での記録としては納得できる範囲
ではないかと思います。

期待の大南選手はそれでも3位に入賞しました。

今回の名古屋国際女子マラソンの観戦で一番印象に残った
ことは、放送局の中継車が、けっこう派手でカッコイイ?
ことでしたね。(笑)

テレビでは名古屋代表のタレント加藤晴彦さんでした!



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。